FAMILIA TABLE

RICHARD HUTTEN, 2018

“Familia”はリチャード・ハッテンがデザインしたスモールファニチャーシステム。その内のテーブルシリーズ。
それは基本となる台座から始まり、ユーザーのニーズに応じた形状に組むことができる、さらに使用状況や環境に合わせて変化させることも可能となっている。リチャード・ハッテンは同じ鉢から芽が出て、いろんな形に成長する植物をイメージしています。フックパーツとして使われる球体はエンツォ・マーリのスクリーン作品にあるクローバーの形状にヒントを得てデザインされています。
同じベースパーツ、3種類の長さから選べるポールパーツに数種類のフックパーツや天板を組み合わせることで、コートスタンド、傘立て、テーブル、パーティションといった様々な製品として組むことができる。オフ ィスでも自宅でも公共の場でも自由自在に。

スチール、アルミニウム
イタリア製

DRH0045I09 singolo 100h, black
DRH0045I10 singolo 100h, white
cm φ50×100h
70,400 yen(税込)

DRH0045M09 singolo 70h, black
DRH0045M10 singolo 70h, white
cm φ50×70h
66,000 yen(税込)

DRH0045L09 triplo 100h, black
DRH0045L10 triplo 100h, white
cm 57×61×100h
107,800 yen(税込)

DRH0045N09 triplo 70h, black
DRH0045N10 triplo 70h, white
cm 57×61×70h
103,400 yen(税込)