SURFACE+BORDER No.1

RON GILAD, 2017

「サーフェース+ボーダー」はアクリルミラーを大胆に使用したフルーツボウルです。サーフェース(表面=ミラー)とボーダー(境界線=フレーム)で構成されたこのフルーツボウルは乗せた物とフレームの映り込みによって不思議な視覚効果 を生み出します。No.1 は正方形で、ディスクの中にグリッドが入っているように見えます。テーブルと接する部分には薄いフェルトの滑り止めが施されています。フルーツを乗せるだけでなく、グラスやカップ、キャンドルスタンドを置くなど、いろいろな使用方法でテーブル上を華やかにしてくれるプロダクトです。

cm Φ49×8h

DRG8630A
82,500 yen(税込)
black + mirror / red + mirror

DRG8630B09N
62,700 yen(税込)
black + black

スチール