OSIO

カエデの美しさが映えるシンプルな置時計。時計台のようなフォルムが特徴です。
2枚の木材をつなげてムーブメントを隠していますが、小さな磁石で留めているだけなので電池交換や時間調整がしやすくなっています。

OSIO
品番:OSIO
価格:15,000円(税抜)
サイズ:7×h24.5×5.6cm
重量:0.6kg
素材:アッシュウッド(カエデ)
2016

職人:ソマスキーニ・フェリーチェ&ニポティ

Somaschini Felice&Nipoti

EugenioとMarcoが立ち上げた木旋盤加工を得意とする木加工工房。二人はいとこ同士で
過去50年に渡って木製のテーブルレッグやドアノブを製造し続けた偉大な祖父Somaschini Feliceから受け継ぎました。ソマスキーニが行った無垢材を旋盤加工して作るテーブルレッグやドアノブはブリアンツァ地方においては画期的な技術で、地場産業にまで発展し、成功を収めました。しかし今日では木製のドアノブやテーブルレッグなし設計されることが多くなったため多くの工房が閉鎖してしまいました。
そんな状況でも彼らは手作業で行うことでの高品質を保証する誇りとともに昔ながらの製法で作り続けています。

デザイナー:ジュリオ・イアケッティ

1992年から工業デザインに携わっており、Abet Laminati、Alessi、Casamania、Fontana Arte、Foscarini、Magis、Meritalia、を含む多くのブランドのデザインを手掛けています。そして、Danese Milano、Dnd、Moleskine、Myhome、およびInternoitalianoのアートディレクターも務めています。 彼の作品の特徴は、Matteo Ragniとの共作で設計された生物分解性スプーン/フォーク「Moscardino」からもわかる通り、新たな物体への高度な研究と明確さにあります、この作品は2001年にCompasso d’Oroを受賞しています。2009年5月にはトリエンナーレ・デザイン美術館で個展「Disobedient objects」を開催しました。 2012年11月、イタリア人の生き方に影響を受けた家具やアクセサリーをイタリアが誇る優れた生産技術も持つ多くの職人が生み出すネットワークシステム「Internoitaliano」を設立。2014年、MontiniからMatteo Ragniとの共作で設計されたマンホールカバー「Sfera」で2番目のCompasso d’Oro賞を獲得しています。