pagina

tel: 03-5825-3053
pagina@kuwano-trading.com

東京都公安委員会許可
第301030606592号

card

METABOLISM Report ヒアリングによる時代の記録

著:磯部孝文、インタビュー:榮久庵憲司、川添登、粟津潔、槇文彦
2002年
20,000円(税抜) sold
112頁、A4判
線引き、川添登旧蔵

序章 はじめに
第一章 研究の背景
 研究の動機
 言葉と表象
 「大林組メタボリズム2001」概要
第二章 研究の方法
第三章 世界デザイン会議とメタボリズム
 世界デザイン会議準備事務局とメタボリズム誕生
  1950年代日本
  アスペン世界デザイン会議、東京世界デザイン会議開催決定―剣持勇と柳宗理
  世界デザイン会議準備局―丹下健三と浅田孝
  世界デザイン会議テーマ委員会発足―浅田孝と川添登
  コンラッド・ワックスマンゼミ―川添と榮久庵憲司
  21の会―川添と粟津潔
  菊竹清訓の世界デザイン会議テーマ委員会への参加―メタボリズムの誕生
  若き日本の姿勢―「METABOLISM/1960」出版へ向けて
  群造形―大高正人と槇文彦
  世界デザイン会議開催―メタボリズム宣言
 世界デザイン会議
第四章 メタボリズムの提案
 社会的不安
 TEAM10と一連の動向
 メタボリズムの提案
 資料「MERABOLISM/1960」
第五章 ヒアリングメタボリズム
 榮久庵憲司 ヒアリング
 川添登 ヒアリング
 粟津潔 ヒアリング
 槇文彦 ヒアリング
第六章 考察
 祖父と父の関係
 世界デザイン会議の意味
 夢を語る吟遊詩人
 新たな夢
 日本的とは
 メタボリズムの功績