danese

UNO,LA MELA

ENZO MARI, 1963

90年代にはCDジャケットに使用されるなど、ポップなアイコンとして認識されてきたこの作品ですが、そのなかには自然のものの持つ形やフォルムをどんどん純化していくことで、ただの「りんご」ではなく「りんご」というものの普遍的な原形を追求したマリの厳しい姿勢が秘められています。このシリーズにはアヒルなどの動物もありますが、そのアヒルの頭部のラインの普遍的な原形を追求するため、幾枚ものスケッチが残されています。

DEDZ001
cm 112×112
42,000 yen(税抜)